2015年09月25日

胆管がんはがんの中でも治療が難しいらしい、川島なお美も

ここ最近は芸能人のがん告白のニュースも多いですが、
検査を受けても早期発見は難しい、
異変を感じてもすぐにそういう診断をされないことも
あるのだなと感じました。

本人には完全に早期発見ができるわけでもないと
説明などはあるのでしょうかね。


任天堂岩田社長の“早すぎる死”は防げたか
という記事がありましたが、
胆管がんは早期発見が難しい、進行が早い、完全にがんを
取り除けないこともある、胆管炎が起きることもある、
抗がん剤や放射線治療の効果が出づらいなど厳しい箇所なのだとか。

川島なお美さんも抗がん剤や放射線治療を行っていなかったそうですが、
やった方がいいのではないかとか治療を諦めたのではないかという
声もあったものの実際には効果が期待できないからやらなかったという
ことなのでしょうかね。


posted by ぺぺまろん at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426667586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック